安全大会終わる

令和2年度の建設業協会・電設協会合同の災害防止安全大会が終わりました。

コロナ感染防止対策を充分とった中での開催でしたが、無事終了することが出来ました。

ご協力いただいた理事の方には感謝いたします。

会長挨拶で「災害による減災・防災・老朽化対策に対する建設業界の役割がますます重要である。それゆえ労働者の安全と健康の確保は最優先事項である。積極的に安全活動を推進し安心して働く事の出来る環境づ来るに努めたい」と呼びかけました。

その後の労基署の安全講話後、草刈総務委員長による安全基本方針、原口建設の安全の誓い宣言、技術監理局検査課の工事事故事例及び市安全対策の出前講演で大会を終えました。